国立科学博物館

2月1日(木)曇りのち雨


今年の木曜日は天気が良かったからか、今季初めての科学博物館訪問。子供達やっぱり興奮してくれました。大きいもの、骨、宝石、綺麗なもの子供達の気持ちをつかむものがたくさんです。

いわば国の顔。自然科学の水準を誇るべき国立科学博物館。国内のお宝というお宝が勢ぞろい。大人が見ても、子供が見ても欲しいものがいっぱいです。

骨格を見るだけで、生き物の生息地がわかってしまう。進化って凄いです。更に凄いのが、いろんな進化の過程を模索している過程も見れる事。今我々がこういう形をしているのも必然なのか偶然なのか?そんな事を考えるだけで興奮。

海の生物の海の深さに合わせての展示。子供達に人気の深海のメンダコも展示。驚いたのは、大メンダコもいた事。知らない事ばかり。

子供達が大好きな恐竜に、アンモナイト。かいじゅうの森ようちえんなら、園庭にティラノサウルスの標本があってもいいなぁー。

女子が大好きな宝石。実は男子も大好き。石や木は、みんなのいつものお土産。海に行くと綺麗な石が見つかるから、海辺も大好き。

これまで地球上に存在した様々な『人類』。同じ時代に違うヒトのグループがいたら、どんな感じなんだろうこちらも想像してしまう。

雨が降ったら、また来たい。何度も来たい『かはく』でした。

上野に行くまでの電車が混雑で大変だったけれど、そんなことも忘れてしまいました。

0コメント

  • 1000 / 1000

かいじゅうの森ようちえん

Instagram: @kaijumomoriyochien WEB: http://www.kaijyunomori.com/